600以上の自治体・保健所・公的機関・学校・企業で
3万人以上のユーザにご利用頂いています。

NHKおはよう日本、NHK関西、NHK和歌山にて本アプリが紹介されました。


Report

健康管理・健康観察のご担当者さまへ

感染疑い者(濃厚接触者)用の健康観察票(国立感染症研究所の調査票を元に疫学の専門家により協議)と
感染者(軽症者・無症状者)用の健康観察票(厚労省4/27通達の様式2、およびSpO2)の2種類の健康観察票を記録可能です。

「健康日記」アプリを従業員・学生・住民等の健康観察・健康フォローアップにご利用いただくご担当者さまは、下記フォームよりご連絡ください。
集計用Excelマクロ等を無償配布しています。(ご利用条件はございません、お手続きなども不要ですのでご自由にお使いください)

また、最新の情報やツール、オンラインでの無料説明会の開催案内等を適宜、共有させていただきます。

管理者向けファイル
ダウンロード申込フォーム

※フォームへアクセスできない場合は、お問い合わせからご連絡ください。


※本システムの利用に当たっては、個人の意思を尊重するとともに
労働者の心身の状態に関する情報の適正な取扱いのために事業者が講ずべき措置に関する指針(厚生労働省)」などを参考に、情報の取り扱いにご留意ください。

Update

健康日記アプリアップデート情報

2020/5/14
  • データのバックアップ機能を追加しました。(データは暗号化した形で保存されます)
  • 健康フォローアップ特設ページにて、報告者IDを表示するようにしました。
2020/4/27
  • 健康フォローアップ記録について以下の修正を行いました。
    ・療養者向けの項目を記録できるようにしました。
    ・複数のメール送信先を設定した際に、メールがうまく送れない不具合を修正しました。
    ・フランス語、スペイン語、アラビア語、ロシア語、中国語(繁体字)での入力に一部対応しました。
  • ヘルスケアアプリとの連携について不具合の修正を行いました。
  • 健康データ入力の修正を行いました。
  • お知らせの表示を見やすくしました。
2020/4/15
  • iOSヘルスケアアプリ/AndroidのGoogleFitとの連携を行うか、選択できるようにしました。
  • 健康フォローアップ記録について以下の修正を行いました。
    ・検査結果が「まだ分からない」ときと、熱が37.5度以上の時には赤字で表示します。
    ・メールの送信先を3つまで設定できるようにしました。
    ・入力忘れ防止のリマインド機能をつけました。
2020/4/8
  • 健康フォローアップ記録について以下の修正を行いました。
    ・過去の記録を編集できるようにしました。
    ・検査結果が「まだ分からない」ことを選択できるようにしました。(CSVでは「不明」と表示)
    ・データにカンマが含まれる場合にCSVが不正になる事象を修正しました。
    ・当日から過去14日分のデータを送信するようにしました。
2020/3/28
  • AppStoreの審査基準が変更になったため「コロナ」「COVID-19」の名称を削除し、「健康フォローアップ特設ページ」としました。
2020/3/28
  • 英語表記に対応いたしました。登録時の初期設定画面、または左上の歯車ボタンの設定画面から日本語・英語表記の変更が可能です。

すでにアプリをインストール済みの方は、アプリストア(iOSの方はAppStore、Androidの方はGooglePlay)から最新版にアップデートいただけます。

管理者パック アップデート情報

2020/5/7
  • 感染者(軽症者)向けの項目に対応した集計Excelマクロにおいて、熱型表に酸素飽和度(SpO2)をグラフ化する機能を追加しました
2020/5/1
  • 感染者(軽症者)向けの項目に対応した集計Excelマクロを公開しました
    - 『【保健所・病院向け】感染者の健康観察をされる方』> 「【感染者用】【集計Excelマクロ】新型コロナデータ分析ツール_20200507.xlsm」
2020/4/30
  • 健康フォローアップ集計Excelマクロについて以下の修正を行いました。
    ・アプリをご利用いただけない観察者向けのExcelファイル「Excel版フォーマット.xlsx」をそのまま読み込む機能を追加しました。
    CSVファイルと同様、取り込みフォルダに「Excel版フォーマット.xlsx」を置いてマクロを実行するだけで「データ一覧」シートに取り込むことができます。
    『【すべての方向け】』フォルダ > 『集計用Excelマクロ』> 「【集計Excelマクロ】新型コロナデータ分析ツール_20200430.xlsm」

    「Excel版フォーマット.xlsx」とは
     アプリをご利用いただけない観察者の方に、Excelでの記入を求める場合のフォーマットです。
    『【すべての方向け】』フォルダ > 『【健康日記アプリを使えない方向け】』フォルダ > 「Excel版フォーマット.xlsx」

最新のファイルは、管理者パックお申込み時にご案内したリンクからダウンロードいただけます。

Intent

趣意

現在、国内で感染が拡大中の新型コロナウイルス感染症の健康観察の一助となるべく、PHR(パーソナル・ヘルス・レコード)アプリ「健康日記」上にて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が疑われる場合のチェック項目を各自が登録し、管理できるシステムを下記有志一同で開発し無償提供を開始しました。

「健康日記」アプリは、株式会社ヘルステック研究所が研究開発を進めている健康管理アプリケーションです。現在は開発途上ですが、新型コロナウィルス感染症の拡大に伴い、皆様の日々の健康観察に役立てていただこうと、急きょ開発途上のバージョンをリリースさせていただきました。

有事にあたり我々有志でできることは何かを議論し、開発したシステムです。完成版とはとても言えませんが、必要な方々の助けになればと思いスピード優先で開発しました。感染の疑いがある方や現場の方にご活用いただければ望外の幸せです。

趣意書

説明動画


動画による解説はこちらを御覧ください。(音が出ます)

京都大学環境安全保健機構 健康管理部門/附属健康科学センター 石見 拓 教授(2分18秒)

和歌山県立医科大学情報基盤センター 副センター⻑/医療情報部 部⻑  山本 景一 准教授(1分22秒)

4月15日に実施したオンライン説明会の録画を編集したものです。一部、編集が不自然な点や、雑音等が入っておりますがご容赦ください。

Youtubeが開けない場合、こちらからもご覧いただけます。
(右クリックしてダウンロードも可能です)

usage

本アプリを使った健康観察・健康フォローアップの方法(模式図)

本アプリを使って従業員や学生の健康管理をする際の模式図です。

アプリ利用方法のポンチ絵

アプリ内に記録された情報は以下のような形式のCSVでメール送付可能です。

本アプリから送付するCSV形式

サンプルCSVダウンロード

スマホをお持ちでない方には、アプリと共通のフォーマットのExcel(管理者向けにお配りしています)での提出を求めることができます。

※集計用プログラム(Excel)も管理者向けに配布しています。

Feature

本アプリの特徴


新型コロナウイルス感染症が疑われる場合のチェック項目を登録、管理する機能を備えています。

>アプリ利用方法を動画で見る

個人のメリット

新型コロナのチェック項目を記録

イベント等への参加後の健康管理(潜伏期間である14日間の観察)や、発熱・咳等の風邪症状を生じた場合の健康管理(症状がなくなるまでの経過観察)をアプリで簡単に記録できます。



記録したデータを簡単に共有

記録したデータは必要な相手先に必要な期間の情報を選択して共有することができます。
(標準フォーマットでのメール送信)

アプリイメージ

企業・学校・行政等のメリット

構成員の健康状態を一元管理

学生や従業員が発熱、咳等の風邪症状を生じた際、毎日の体温や症状などの健康状態を記録し、症状がなくなるまでの経過を記録共有することで公欠や公休の管理に役立てることができます。



イベント後の経過観察に

イベント実施時、イベント参加者がイベント参加後14日の間に症状が出現したかをスムーズに確認することができます。

健康日記アイコン


Download now

無料でお使いいただけます。健康データはデバイス内で管理され、弊社は収集いたしません。

HEALTH CONSULTATION

健康相談

以下のサービスから、医師に健康相談ができます。
(詳しくは各サービスサイトでご確認ください)

Share

お知り合いにシェアしてください

本アプリのシェアはご自由にどうぞ。お困りの方やお知り合いにシェアしてください。